香港株:ハンセン指数が下落、アジア株の下げを主導-不動産株安い

更新日時
  • ハンセン指数は1.3%安-チャイナ・リソーシズランドなど下げる
  • H株は1.2%安-上海総合指数は0.6%高

11日の香港株式市場ではハンセン指数が下落し、アジア株の下げを主導した。不動産抑制策をめぐる懸念や金利見通しが不動産株の重しになったほか、人民元が6年ぶりの安値を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。