ゴールドマン:原油減産合意の可能性は高まっている-成功には懐疑的

  • リビアやナイジェリアの増産で市場再均衡の可能性は低下
  • OPEC非加盟国が価格上昇に反応するため回復力は衰えると予想

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が原油生産削減で合意する公算は大きくなっているものの、価格上昇で他の産油国からの供給が増える結果となれば、合意は自滅につながるかもしれない。米銀ゴールドマン・サックス・グループがこうした見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。