トランプ氏、一段の過去暴露に備える-クリントン夫妻攻撃強める構え

  • 「72時間も痛めつけられた」とペンシルベニア州の集会で怒る
  • 何年も出演したNBC番組「アプレンティス」からリークの公算も

米大統領選実施まで1カ月を切る中、ドナルド・トランプ共和党候補は自身の過去の発言がさらに明るみに出るようなことがあれば、ヒラリー・クリントン民主党候補の夫であるビル・クリントン元大統領の妻帯者としての行動をめぐりヒラリー氏への攻撃を続ける構えを見せた。

  トランプ氏は10日、ペンシルベニア州アンブリッジでの集会で「不適切な発言をしているテープをさらに公開したいのなら、われわれはクリントン夫妻の不適切な行動について話題にし続ける」と発言した。

  自分は有名人なので女性を触っても大丈夫などと下品に話すトランプ氏の会話を捉えた2005年収録の動画が7日公開され、共和党では同氏支持を撤回する幹部が続出。これを受けてトランプ氏は9日の第2回テレビ討論会でクリントン元大統領の過去を蒸し返し、ヒラリー氏と直接対決した。10日には自身について一段の打撃となる過去がさらに暴露される可能性を防ごうと、クリントン夫妻への攻撃姿勢を強めた。

  トランプ氏はテレビ局NBCの人気リアリティー番組だった「アプレンティス」に何年も出演していたため、当時の収録から同氏にダメージとなるような内容が出てくる可能性が浮上。MGMとプロデューサーのマーク・バーネット氏は未放映の内容が公表されても法に訴えないと発表した。「そのような内容をリークしようとする者に対しバーネット氏が法的措置を探るとの最近の指摘は、完全かつ明白に誤っている」とし、同氏が民主党支持者であることも確認した。

  トランプ氏はペンシルベニア州での集会で、支持者らを前に「ロッカールームで話すような内容」に関して不当に攻撃されたと言及、「12年も前の不適切な発言について72時間も痛めつけられた」と話した。

  一方のクリントン候補は同日のデトロイトでの集会で、「ドナルド・トランプ氏は謝るべき時間を攻撃に使った。彼がわびるべきことはたくさんあるのでは」などと話した。

原題:Trump Threatens to Push Intensely Personal Clinton Attacks if More Tapes Emerge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE