シカゴ連銀総裁:緩やかな引き締めが望ましい-利上げは近い

  • コアインフレ率が上昇するまでは政策金利を低水準にとどめるべきだ
  • エバンス総裁がシドニーで講演-拙速な引き締めには高い社会的費用

シカゴ連銀のエバンス総裁は11日、米経済は恐らく完全雇用ではなく、インフレ率は依然目標を下回っていると述べ、コアインフレ率が上昇するまでは政策金利を低水準にとどめるべきだと主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。