ドイツ銀、米国勢に奪われたシェア取り戻す-ウォーレン氏

  • EMEA法人・投資銀行責任者ウォーレン氏がブルームバーグに発言
  • 多くの海外および欧州の顧客が協力継続を望んでいると説明

ドイツ銀行の欧州・中東・アフリカ(EMEA)の法人・投資銀行責任者アラスデア・ウォーレン氏は10日、同行内部のリストラ計画完了に伴い米国勢に奪われた市場シェアを取り戻すことができるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。