高級外車は絶好調、アベノミクス失速も富裕層の購買力衰えず

更新日時
  • ロールスロイスは1年でディーラー倍増、BMWも販売強化へ投資
  • 1000万円以上の輸入車登録は1-9月19%増-軽自動車は11%減

景気が低迷する中、国内の自動車販売は縮小を続けている。富裕層が好む超高級車も同じように影響を受けているのだろうか。答えは否だ。

  日本自動車輸入組合の統計によると、価格が1000万円を超える輸入車の今年1-9月の新規登録台数は1万3605台、前年同期比で約19%の増加となった。輸入車販売全体に占める割合は6.2%と通年実績との比較で記録が残る2003年以降で最高だったリーマンショック前の06年に肩を並べた。

  一方、1-9月の登録車と軽自動車の販売総計は約377万6000台で前年同期比3.4%減だった。特に軽自動車は同11%の大幅減で、消費増税や軽自動車増税前の駆け込み需要以降の反動減からいまだに回復しきれていない。外国メーカー輸入車新規登録台数は同2.1%増だった。

  IHSオートモーティブの川野義昭アナリストによると、新車の販売傾向は「直近は2極化してきている」と指摘。輸入車全体の販売は安倍晋三政権が誕生した12年後半以降伸びてきた。300万円台、400万円台の車だけみると最近の円高傾向もありややスローダウンしているとしながら、1000万円以上の高価格帯の車は「それほど影響を受けておらず伸びている」とした。

ベントレーのSUV「ベンテイガ」

2015Photo: James Lipman

  川野氏によると、 高級輸入車の好調の背景には各ブランドが昨年から今年にかけて国内で相次いで投入した新型モデルがあるという。その中には英ベントレーによる初のSUV「ベンテイガ」や英ロールスロイスのクーペタイプのコンバーチブル「ドーン」、独BMWの旗艦モデルである7シリーズなどがある。

日本に「非常に大きな富」

  
  高級車の代名詞であるロールスロイスのトルステン・ミュラーエトヴェシュ最高経営責任者(CEO)は9月の都内インタビューで、今年の日本販売が好調で今年7月に愛知県、同9月に福岡県で販売店を新規に設立し、さらに来年7月には広島県にも拡大させる計画を明らかにした。国内店舗数は一気に倍増の6店舗となり、本社がある英国に肩を並べる。ロールスロイスの1-9月の日本販売台数は前年同期比30%増となっている。

  日本はロールスロイスにとって米国、中国、英国に次いで4番目に大きい市場。ミュラーエトヴェシュ氏は「非常に大きな富がこの国にはある」とし、「そのため、われわれにとっての潜在的な顧客がたくさんいるとみている」と話した。

  BMWは東京・台場に今年7月、新しいショールームをオープン。約2万7000平方メートルの敷地にショールームと試乗コース、300人以上収容可能な会議ホールなどを備える。BMWとミニブランドの全ラインアップの試乗が可能で、同社の販売店舗としては世界でも有数の規模になるという。

  BMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長はインタビューで、1000万円以上のモデルを購入する顧客の多くは自営業者で、日本全体の景気が良くない中でもその大部分の業績は順調で、BMWのような「海外製の高級品を求めている」とし、「日本に長期的に持続可能な成長を見込んでいる」と述べた。BMWの国内ディーラーは20年までに総計約4億ユーロ(約460億円)を投じて施設を刷新し、顧客基盤の強化に努めるという。

出せば売れる高級輸入車

  三重県津市の会社経営、白木博文さん(60)は近くで開かれていた展示会に足を運んだ帰りに妻と一緒にBMWの新しいショールームを訪れた。車が好きでこれまで10台ぐらいを乗り継いできて今はアウディとレクサスを所有している。今回のお目当ては新型電気自動車の「i8」と6シリーズの「カブリオレ」でともに車両価格は1000万円を超える。

  機械の製造販売などを手掛ける会社に長く勤め、2010年に脱サラして自分の会社を起こしたという白木さん。製品の納入先は食品工場などで「景気は職種的に関係ない」とし、足元の業績は堅調という。「どんな車でもデザインが一番重要」とi8を入念にチェックしながら、「接客も重要でディーラーを回って接客が良いとそれだけでその場で契約することもある」とし、「気に入れば今日もこのまま買って乗って帰るかも」と笑って話した。

  IHSの川野アナリストによると、富裕層に特徴的な自動車購入のパターンとして「増車」の需要があるという。複数の車を所有していても欲しい車が出てきたらどれかと乗り換えるのではなくそのままもう1台追加で買うというものだ。

  軽自動車のユーザーが車を日常の移動手段と捉えているのに対し、富裕層は自らのライフスタイルを反映したり他人が持っていない車に価値を見出しており、これまでなかった欲しい車が市場に出ればためらわず買う傾向があるため、輸入車ブランドが「新車や新しいタイプの車を出せば出しただけ売れているという感じだ」と話した。

(添付のチャートや写真の説明を日本語に差し替えました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE