ブリストル株が2年ぶり安値、「オプジーボ」試験結果に失望売り

  • 競合する米メルク「キイトルーダ」の好結果とは対照的
  • ブリストルの株価は10%安で終了-メルク株は値上がり

ブリストル・マイヤーズスクイブの株価が10日、2年ぶりの安値を付けた。肺がん患者を対象とした「オプジーボ」の臨床試験で、既に低下していた期待にも届かない結果が出たことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。