韓国サムスン電子株、8%安-通信各社にノート7販売停止要請

更新日時
  • 発火事故で苦境のサムスンに新たな打撃
  • 米消費者製品安全委員会もノート7の使用を中止すべきだと表明

11日のソウル市場でサムスン電子の株価は安値引け。同社が小売りのパートナーにスマートフォン「ギャラクシーノート7」の販売・交換停止を求めたことが響いた。ノート7の発火事故をめぐり危機的状況に陥っている同社への新たな打撃となる。株価急落に伴い同社の時価総額は170億ドル(約1兆7700億円)縮小した。

  発火事故の原因究明を進めているサムスンはノート7およびその交換品について、新たな指示が出るまで電源を切り使用を控えるようユーザーに呼び掛けた。米消費者製品安全委員会(CPSC)もさらなる過熱事故の懸念があるため、消費者はノート7の使用を中止すべきだと表明した。

  サムスン株は前日比8%安とこの日の安値で終了。2008年以来の大幅下落となった。サムスンは今年8月にノート7を発売したが発火事故が相次ぎ、販売済みの250万台をリコール(無料の回収・修理)。その後、安全と考えていた交換品でも発火が起きたとされ、サムスンは現在調査を進めている。同社は11日、同調査で消費者製品当局と協力していると発表した。

  また韓国産業通商資源省の国家技術標準院もノート7の欠陥の可能性を確認したとして、サムスンに対し同製品の販売・交換の停止を求めた。

原題:Samsung Market Value Plummets $17 Billion on Note 7 Sales Halt(抜粋)

(株価を終値に差し替え更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE