米共和党、トランプ氏への対応分かれる-下院議長は選挙応援せず

更新日時
  • ライアン下院議長はトランプ氏の支持撤回は踏みとどまった
  • トランプ氏の粗野な発言を受けて共和党は迷走

米共和党全国委員会(RNC)のプリーバス委員長は10日、同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏の選挙戦への支持をまとめるために、早急に参加者を集めて電話会議を開いた。ポール・ライアン下院議長はその数時間前、トランプ氏が粗野な発言を行った2005年の動画が公開されたことを受けて、同氏の擁護も選挙応援もしない意向を示していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。