原油価格の年内60ドル回復、「考えられないことではない」-サウジ

  • OPEC非加盟国も協力する意向示す-サウジのファリハ石油担当相
  • 11月末までに合意に至ることが可能と「楽観」

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意したことを受け、原油価格が年内にバレル当たり60ドルに達するのは「考えられないことではない」との見解を示した。

  ファリハ氏は10日にイスタンブ-ルで開催中の世界エネルギー会議(WEC)で、生産上限を決めるためにサウジは他の産油国と協調するとし、11月末までに合意に至ると「楽観している」と語った。ロシアとは数日以内に会談する予定で、OPECに属さない多くの産油国も協力の意思を表明しているという。

  サウジが生産枠を設けない方針から戦略を一転させた9月28日のアルジェ会合以来初めて公式に発言した同氏は「年末までに60ドルに達すると見込むのは考えられないことではない」と述べた。OPECは11月30日にウィーンで総会を開催する。

原題:Saudi Minister Says Oil at $60 by Year-End Not ‘Unthinkable’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE