原油価格の年内60ドル回復、「考えられないことではない」-サウジ

  • OPEC非加盟国も協力する意向示す-サウジのファリハ石油担当相
  • 11月末までに合意に至ることが可能と「楽観」

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意したことを受け、原油価格が年内にバレル当たり60ドルに達するのは「考えられないことではない」との見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。