FRB副議長、米金融当局が後手に回るリスクはほとんどないとの見方

  • 9月のFOMCでの据え置き決定は「際どい判定」だったと副議長
  • 労働市場の状況は力強さを増しつつあるとフィッシャー副議長

米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、金融当局が利上げを長く待ち過ぎるリスクはほとんどないとの見方を示唆する一方で、先月の金利据え置きの決定は「際どい判定」だったと語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。