トランプ氏、不動産債務免除が個人税控除に化けたのか-税専門家

  • 950億円もの損失が発生した謎、税務専門家が解明を試みる
  • 不動産投資に許された優遇税制、米議会が廃止する前に活用か

米大統領選挙の共和党候補、ドナルド・トランプ氏がニューヨーク州に提出したとされる1995年の税務書類が出現したことをきっかけに、同氏のビジネスをめぐって新たな謎が渦巻いている。経営難に陥った同氏の事業は債権者に回収不能の不良債権を抱えさせたが、トランプ氏個人には9億1600万ドル(約943億円)の損失となった。どうすればそんなことが可能なのだろうか。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。