【今週の債券】超長期中心に金利上昇か、世界的スティープ化や入札で

  • 30年債入札、利回りは0.6%程度がめど-三井住友アセット
  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.10%~マイナス0.02%

今週の債券市場では超長期債利回りを中心に上昇すると予想されている。国内をはじめ欧州や米国など世界的に利回り曲線のスティープ(傾斜)化傾向となる中、週半ばに行われる30年債入札に向けた売りが金利上昇圧力になるとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。