債券下落、30年入札控えスティープ化圧力-日銀オペ通知なしで一段安

更新日時
  • 長期金利がマイナス0.05%に上昇、9月23日以来の水準
  • リスクオンの流れからグローバルに債券売り圧力強い-バークレイズ

債券相場は下落。日本銀行の新しい政策枠組み下で超長期金利などの上昇めどを探る動きが続く中、30年利付国債の入札を翌日に控えて売り圧力が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。