黒田日銀総裁:長短金利、必要とあれば両方引き下げることは可能

  • 国債購入を減速させる計画は当面ない
  • 経済成長は来年に加速する可能性が高い

日本銀行の黒田東彦総裁は、金融緩和策にはなお拡大の余地があり、当面は国債買い入れプログラムを縮小する意図はないと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。