ルー米財務長官:ポンド急落の理由解明には時間要する-分析が必要

  • ポンドは7日のアジア時間で一時6.1%安となった
  • ルー長官はドイツ銀行については言及を控えた

ルー米財務長官は7日、英ポンドの急落についてコメントするの時期尚早だとした上で、世界の通貨は引き続き安定しているとの認識を示した。

  同長官はワシントンで記者団に対し、「そうした動きが起きる理由を解明するには一定の時間を要する」と指摘し、「何らかの分析」が必要だと述べた。ポンドは同日のアジア時間で一時6.1%安となった。「世界的に為替相場はマクロ経済動向に対応しながら、安定した動きとなっていると全般的に言えるだろう」とも語った。

  ルー長官はドイツ銀行が直面している財務問題への言及を避けながら、金融機関にとって深みのある資本バッファーを持つことは総じて重要だと説明した。

原題:Lew Says Pound Crash Needs Analysis Before Exact Cause Is Known(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE