タカタ:法律事務所ワイルを起用、米破産法適用申請も視野-関係者

タカタはエアバッグ問題をめぐる選択肢を検討するため法律事務所ワイル・ゴッチェル・アンド・マンジスを起用した。選択肢には米国部門の破産法適用申請もしくは売却が含まれる可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社のエアバッグ問題は、自動車業界最大規模のリコール(無料の回収・修理)につながっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。