NY金(7日):続落、週間では2013年来の大幅安-利上げ警戒が再浮上

7日のニューヨーク金先物相場は続落。週間ベースでは約3年ぶりの大幅安となった。米雇用統計は予想を下回ったものの、米金融当局が年内利上げの軌道から外れることはないとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。