インド株(終了):3日続落、米雇用統計を控え-週間での上げ幅削る

7日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが3日続落。米雇用統計の発表を控える中、金属株が上げたものの、ソフトウエア銘柄と電気通信株が売られ、指数を押し下げた。週間ベースでは後半に上げ幅を削ったものの、約1カ月ぶりの大幅高となった。

  センセックスは前日比0.2%安の28061.14で終了。騰落比率は2対3。週間上昇率は0.5%に縮小したものの、前週の2.8%安から上昇に転じた。海外勢による今週のインド株売買動向は2億4500万ドルの買い越しで、これがインド株を支えている。9月の買越額は14億ドルだった。

原題:Indian Stocks Retreat for Third Day to Pare Weekly Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE