米国の年内利上げ確率64%に上昇、雇用統計控え-先週初めは五分五分

トレーダーらは先週初めには年内の米利上げ確率は五分五分とみていた。今は3分の2近い確率で利上げがあると見込んでいる。

  7日には米雇用統計が発表される。サービス業の拡大や製造業の回復を示すデータを受けて今週の米国債は週ベースで7月半ば以来最悪のパフォーマンスに向かっている。政策金利の動向に敏感な2年債の利回りは4カ月ぶり高水準に達した。
 
  野村ホールディングスでアジア太平洋地域の円以外の金利トレーディング責任者を務めるジョン・ゴーマン氏は「米雇用者数の伸びが市場予想を少しだけ上回る20万人前後だったら、米国債は幾分売られるかもしれない」と話している。

  市場が織り込む米年内利上げ確率は64%と、先週初めの51%から上昇した。

原題:Fed Hike Odds Jump to 64% From Coin Toss as Payrolls Test Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE