独RWE傘下のイノジーが上場、株価上昇-大型IPOを実施

更新日時

ドイツのエネルギー会社RWEの傘下で再生可能エネルギーなどを扱うイノジーが7日、フランクフルト証券取引所に上場し、新規株式公開(IPO)価格を上回る株価となっている。欧州でのIPOとしては2011年のグレンコア以降で最大となった。

  イノジー株は37.30ユーロと、IPO価格を3.6%上回る水準で取引が始まった。RWEの株価はフランクフルト時間午前9時21分(日本時間午後4時21分)現在、1.2%安。

  6日の発表資料によれば、RWEはイノジー全体の10%に相当する新株を1株当たり36ユーロで発行。仮条件は32-36ユーロだった。RWEとイノジーは上場に伴い最大50億ユーロ(約5800億円)を集める。ドイツでのIPOとしては2000年のドイツポスト以来最大。IPO価格は仮条件の上限に設定され、イノジーの価値を200億ユーロと評価するものとなった。

  

原題:Innogy Prices at Top of Range for $22.3 Billion Valuation(抜粋)
Innogy Trades Above Offer Price After Biggest IPO Since Glencore(抜粋)

(7日の株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE