伊銀モンテ・パスキ:国民投票前の合意探る、債務の株式化で-関係者

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナはデット・エクイティ・スワップ(DES、債務の株式化)について、憲法改正の是非を問う12月4日の国民投票の前に債券保有者と暫定合意にこぎつけたい考えだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。