EU離脱選択後の英国経済、いったいどこに向かうのか

  • IMF年次総会に参集の当局者、投資家、エコノミストも当惑
  • ハモンド財務相はインタビューで不安の打ち消しに努める

国際通貨基金(IMF)年次総会など国際金融会議のためにワシントンに今週集まった大多数の人々にとって、欧州連合(EU)離脱選択後の英国経済がどこに向かっているのかは雲をつかむような状態だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。