フェイスブックやグーグルなど16社に多様性データ開示を要請-NY市

  • NY市会計監査官はサプライヤー採用に関するデータ求める
  • マイノリティーや女性が所有する企業への支出拡大も呼び掛け

ニュー ヨーク市のスコット・ストリンガー会計監査官は、フェイスブックダウ・ケミカルゴールドマン・サックス・グループなど米大手企業16社に対し、取引先の多様性に関するデータの開示と、マイノリティーや女性が所有する企業への支出増加を要請している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。