トランプ氏めぐる市場の読みは正しいのか-英EU離脱ショックの教訓

  • 予想外の展開が政治に起きるリスクを市場は織り込んでいないもよう
  • 米国民の政府への不信が驚きの結果をもたらす可能性

9月26日の米大統領選第1回テレビ討論会が始まって数分もすると、投資家は共和党のドナルド・トランプ候補が劣勢だと判断した。同氏の反移民発言を嫌気して急落していたメキシコ通貨ペソは反発。翌27日には米S&P500種株価指数も上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。