アルゴリズムがポンド急落を誘発か-仏大統領発言や人為ミスの指摘も

  • 英はEU離脱の報いを受ける必要があると仏大統領が発言-FT
  • ヒューマンエラーや「タイプミス」の可能性も取り沙汰された

英ポンドの対ドル相場がアジア時間朝の取引で一時6.1%下落した。英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択された今年6月以来の大幅な下げとなったが、トレーダーはすぐにその理由を説明できないでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。