不胎化した蚊の培養コストを削減-ベリリーがジカ熱との闘いに参戦

  • アルファベット傘下べリリーのアプソン氏に電話インタビュー
  • 2017年初めの試験プロジェクト開始を目指す

米アルファベット傘下の医療技術会社ベリリー・ライフサイエンシズがジカウイルスとの闘いに参加する。不妊化した蚊の培養などのプロセスを自動化することにより、蚊の個体数を減らす方法のコストを削減する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。