ドル・円が103円台後半、米雇用統計控え上昇一服-ポンド急落

更新日時
  • 時間給含め強い結果なら、105円台回復もあるだろう-上田ハーロー
  • ポンド・ドルは1985年3月以来の安値

7日の東京外国為替市場ではドル・円相場が前日に付けた1カ月ぶり高値から小幅反落。米雇用統計の発表を控えて、年内の米利上げ観測を背景としたドルの上昇が一服した。一方、英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が強まる中、朝方にはポンドが急落する場面があった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。