ゴールドマンにFRBが警告、UFC買収関連取引のリスクで-関係者

米連邦準備制度理事会(FRB)の銀行監督担当者らは、総合格闘技団体アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)の40億ドル(約4150億円)規模の買収における資金調達でゴールドマン・サックス・グループがアレンジしたローン債権などの取引におけるリスクについて、同社に警告した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。