中部電管内で今冬に供給力不足の可能性-他エリアは十分な予備率確保

  • 他エリアの供給力や連系線空き容量に余裕-中部電管内に融通可能
  • 中部エリアの供給力不足「直ちに問題とは言えない」:広域機関

過去10年間で最も極寒となった年と同程度の天候となった場合、12月と1月に中部電力管内の供給予備率が、最低限確保すべき水準を下回る可能性があることが電力広域的運営推進機関の見通しで明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。