原油市場関係者は弱気姿勢崩さず、50ドル台乗せでも-調査

  • アナリストやトレーダー、ブローカー32人のうち18人が弱気
  • OPEC合意については懐疑的な見方が強い:クロボ氏

ニューヨーク市場の原油先物相場は6日、約3カ月ぶりに1バレル=50ドル台に乗せた。米原油在庫が減少したことに加え、石油輸出国機構(OPEC)が減産で合意したことが背景にある。しかし、多くの市場関係者は確信を持っていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。