ナチスを連想、英首相の移民政策がロンドンで働く外国人を「震撼」

  • 企業に英国人以外の従業員数を強制的に報告させる提案を政府示す
  • 移民の年間純増数を10万人未満に削減するのが目標-現在30万人超

英国のメイ首相が思い通りの移民対策を実施するなら、ビクトル・ビラー氏としてはロンドンを去るしかないだろうと語る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。