LME銅:4日続落、8月以来最長の下げ-利上げ観測受けたドル高で

6日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は4日続落。8月30日以来最長の下落局面となった。米国の年内利上げ観測を受けてドルが上昇したことが背景。

  ドル上昇により商品は他通貨建てで割高になったため、工業用金属は今週に入り値下がりしている。

  LMEの銅相場(3カ月物)は前日比0.9%安の1トン=4756ドルで終了。ニッケル、鉛、アルミニウム、スズは上昇したが、亜鉛は下落した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限も値下がりした。

原題:Copper Posts Longest Slump in Five Weeks as Dollar Advances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE