NY原油(6日):6月以来初の50ドル台-米在庫減とOPEC合意で

6日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸し、6月以降で初めて1バレル=50ドル台に乗せた。米原油在庫の減少と石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受けて、世界的な供給超過が解消に向かうとの期待が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。