NXPセミの買収、クアルコムが単独交渉で合意に向け進展-関係者

オランダの半導体メーカー、NXPセミコンダクターズの買収をめぐり米クアルコムが単独で交渉しており、適正な価格での合意に向けて話し合いが進展していると、事情に詳しい関係者が述べた。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者のうち2人はクアルコムとNXPのバリュエーションギャップは現在10%未満だと述べた。関係者の1人はクアルコムは買収額の75%を現金、残る25%を株式で用意する考えだと話し、別の関係者はNXPはすべて現金による買収を望んでいると述べた。

  ただNXPとの話し合いは初期段階であり、クアルコムは引き続き選択肢を検討しているという。NXPが希望する買収額は1株当たり約120ドル、クアルコムは同110ドル付近を狙っていると、関係者は述べた。

  インテルとテキサス・インスツルメンツ(TI)はNXP買収を模索したが、買収案の提示には至らなかったと、関係者が述べた。クアルコムとNXP、インテル、TIの担当者はいずれもコメントを避けた。

原題:Qualcomm Said to Make Progress in Talks With NXP Toward Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE