米ウォルマート:贈賄疑惑で6億ドル超の決着案を拒否-関係者

ウォルマート・ストアーズに対する国外での贈賄疑惑をめぐる調査で、米当局が提示した決着案をウォルマートは拒否している。

  米司法省と証券取引委員会(SEC)はウォルマートがメキシコやインド、中国で政府当局者に賄賂を支払った疑いがあるとして調査を進めてきた。事情に詳しい関係者3人が述べたところによると、米司法省とSECはこの調査を決着させるためにウォルマートに6億ドル(約623億円)以上の支払いを提案した。これをウォルマートは拒否したと、関係者の2人が明らかにした。司法省とSECの担当者はコメントを避けた。

原題:Wal-Mart Said to Balk at Paying $600-Million-Plus in Bribe Case(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE