IMF専務理事:ドイツ銀は訴訟よりも、米司法省と早期和解を

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事はドイツ銀行の問題について、裁判沙汰にするよりも、可能な限り早期に米司法省と決着する方が望ましいと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。