英ポンドが31年ぶり安値、国債も下落-EU離脱プロセスめぐる懸念で

6日の外国為替市場では英ポンドがドルに対しては31年ぶりの安値を更新。英国の欧州連合(EU)離脱がいわゆる「ハードブレグジット(強硬な離脱)」になるとの臆測が英金融市場全体に広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。