ECB、インフレ目標達成にあらゆる措置-予測は市場期待を反映

欧州中央銀行(ECB)は、インフレ目標達成に向け必要なあらゆる措置を取る構えだ。そこに至る道はある程度、追加刺激措置に対する市場の期待が土台になるとも考えている。

  6日公表された9月7、8日の政策委員会の議事要旨は「インフレ軌道の予測は例外的に景気に優しい金融環境が前提であり、その環境には現行の緩和的な金融政策姿勢と将来の金融政策の動向についての期待が大きく反映されている」との見解を示している。議事録によるとまた、「メンバーはインフレを政策委員会の中期的目標に沿った水準に過度の遅滞なく戻すことへの全面的コミットメントを確認した」という。

  「基調的な物価圧力は依然として高まる傾向が明確ではなく、物価動向と経済および金融市場の展開を引き続き厳密に監視することが必要になる」との認識も議事要旨は示した。

  「スタッフ経済予測に織り込まれている高度の金融緩和を 維持することが極めて重要だ」とする一方、政策委員会が市場の期待に過度に影響されるべきではないとも指摘。また、「今回の会合での行動は必要ではなく、これまでに決定した政策措置を確実に完全実施することを主眼とすべきだという点でメンバーが幅広く合意した」としている。

  クーレ理事は会合冒頭の金融市場状況の説明で、資産購入プログラムについて、「引き続きスムースに進んでいるが、現在の金利設定は、資産購入プログラムの今後の実行に対する障害となりつつある」と指摘。「担保となる国債の一部で利回りがECBの政策金利と乖離(かい り)し、強まる国債不足が浮き彫りになっている」との分析を示した。

原題:ECB Commits to Lift Inflation With Forecast Built on Market View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE