ミレニアルは失われた世代に、景気低迷の直撃受ける-チャート

  世界金融危機以降の雇用減は依然として若年層を直撃している。経済協力開発機構(OECD)によると、加盟35カ国で15-29歳の雇用は2007-15年の間に8%減った。全体では若干の増加。最も大きく減少したスペイン、アイルランド、ギリシャでは若年層雇用がほぼ半減した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。