ゴールドマン:原油値上がりは55ドル止まり-供給が「壁」を形成

米ゴールドマン・サックス・グループの商品調査責任者ジェフリー・カリー氏は、上昇している原油相場が1バレル=55ドルで頭打ちになるとみている。米国のシェール層掘削各社が操業を再開し、過去10年で実施された投資に伴う供給が「壁」になるとの認識だ。

カリー氏

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

  同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ナイジェリアとリビアで中断していた生産の再開や米シェール生産活動の弾力性、主なプロジェクトの開始を受け、世界の原油市場は2017年も「極めて過剰供給」の状態が続くだろうと述べた。

  カリー氏は「引き続き多くの原油が市場に流れ込んでいる。55ドルを上回るのは難しい」と語った。

原題:‘Wall of Supply’ to Block Oil Rally at $55, Goldman Sachs Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE