ゴールドマン:原油値上がりは55ドル止まり-供給が「壁」を形成

米ゴールドマン・サックス・グループの商品調査責任者ジェフリー・カリー氏は、上昇している原油相場が1バレル=55ドルで頭打ちになるとみている。米国のシェール層掘削各社が操業を再開し、過去10年で実施された投資に伴う供給が「壁」になるとの認識だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。