ドイツ銀、モンテ・パスキ以外の37件融資で会計調整-検査が示す

更新日時
  • 独連邦金融監督庁が委託した検査で会計上の調整が明らかになった
  • ドイツ銀は13年に簿外融資をデリバティブに変える調整を行った

ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行は、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの損失隠しのために共謀した刑事責任を問われイタリアで起訴されたが、同行以外の取引についても会計の調整が行われていたことが、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が委託した検査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。