サムスン電子、AIのヴィヴ・ラブス買収へ-「Siri」開発の実績

  • ヴィヴは平易な言語を理解するAI開発に取り組んできた
  • ヴィヴ・ベースのデジタルアシスタントがスマホに搭載される見通し

韓国サムスン電子は米人工知能(AI)ソフトウエア会社ヴィヴ・ラブスを買収する。スマートフォンが複雑な作業のバーチャルアシスタントとなる中で、スマホに強い自社の専門性を高める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。