サムスン電子、AIのヴィヴ・ラブス買収へ-「Siri」開発の実績

  • ヴィヴは平易な言語を理解するAI開発に取り組んできた
  • ヴィヴ・ベースのデジタルアシスタントがスマホに搭載される見通し

韓国サムスン電子は米人工知能(AI)ソフトウエア会社ヴィヴ・ラブスを買収する。スマートフォンが複雑な作業のバーチャルアシスタントとなる中で、スマホに強い自社の専門性を高める。

  ヴィヴの技術者は、米アップルが取得し「iPhone(アイフォーン)」などに採用した音声アシスタント「Siri(シリ)」の開発に携わっていた。このため、こうした技術者を抱えるヴィヴの買収はサムスンにとって画期的。ヴィヴはユーザーがコンピューターやソフトウエアプログラムとやり取りできるよう平易な言語を理解するAIプラットホームの開発に取り組んできた。

  サムスンのイ・インジョン執行副社長によれば、ヴィヴ・ベースのデジタルアシスタントはまず、来年発売予定のスマホに搭載される見通し。

原題:Samsung Brings in Founders of Apple’s Siri With AI Acquisition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE