ドル・円は103円台半ば、年内米利上げ観測が支え-米雇用統計見極め

更新日時
  • 原油高でリスクオン、米指標改善しFRB高官タカ派発言も-大和証
  • 米雇用統計発表を控えて利上げが可能なのか見極めたい-SBI証

6日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=103円台半ばで底堅く推移。経済指標の改善を受けた米国の年内利上げ観測が相場を支えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。