OPEC減産合意に伴うサウジの痛み深まる公算-一部加盟国の増産で

  • リビアとナイジェリアの生産回復でサウジの減産負担増える可能性
  • サウジの減産により競合する米国産シェールオイルの生産増加も

石油輸出国機構(OPEC)の原油生産をめぐる合意が実現するためには、サウジアラビアが犠牲を払う必要があることは常に明白だった。世界最大の原油輸出国であるサウジの負担は重くなり続ける可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。