富士通:中国レノボとパソコン事業統合へ、9カ月ぶり高値-関係者

  • 合弁会社設立、レノボが過半数の株式取得へ-関係者
  • 株価は前日比8.6 %高まで買われ、1月13日以来の高値

富士通は、中国のレノボ・グループ(聯想集団)とパソコン事業を統合する方向で検討している。両社で合弁会社を設立し、レノボが過半数の株式を取得する計画。関係者が匿名を条件に明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。