クレディSが93億円支払いに同意-預かり資産の開示に不備とSEC

  • マネージャーの圧力が証券規則の違反につながったとクレディS
  • ボーグリ元COOは肯定も否定もせず8万ドルの支払いに同意

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、プライベートバンク部門の資産開示が不適切だったと米証券取引委員会(SEC)から指摘された問題を決着させるため、9000万ドル(約93億円)の支払いに応じることでSECと合意した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。