ハリケーンがカリブ海北上、フロリダ州など米南部で警戒強まる

  • 東海岸で石油積み出し停止の恐れ
  • フロリダ、ジョージア州などで沿岸住民に避難指示

大型のハリケーン「マシュー」が5日、勢力を強めながらカリブ海を北上しており、進路に当たる米南部のフロリダ、ジョージア、サウスカロライナの各州では沿岸住民に避難指示が出された。ハリケーンがこれらの州を直撃すれば、150億ドル(約1兆5500億円)の損害をもたらす可能性がある。

  米国立ハリケーン・センターによれば、マシューの最大風速は時速120マイル(193キロメートル)で、勢力は5段階で3番目のカテゴリー3。バハマのフリーポートにある石油積み出し基地は閉鎖された。今後、米東海岸でも石油積み出しが停止する可能性がある。

原題:Florida Awaits Matthew’s Wrath as Northeast Dodges a Strike (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE