米政府請負業者の社員をFBIが逮捕-国家機密情報窃盗の疑い

米政府の請負業者の社員が、政府の機密文書を盗んだ疑いで米連邦捜査局(FBI)に身柄を拘束されている。司法省が5日開示した告訴状では、盗まれた情報が拡散した場合、「米国の安全保障に極めて甚大な損害」をもたらし得ると指摘している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。