韓国サムスン電子を標的、エリオット・マネジメントが事業再編迫る

  • エリオットの関連会社がサムスンに2社への分割を要請
  • サムスンは新型スマホのリコール問題に対応中

韓国のサムスン電子はアクティビスト(物言う株主)として知られるヘッジファンド運用会社エリオット・マネジメントから事業の再編を迫られている。同社の事業はスマートフォン「ギャラクシー」をはじめ、テレビや半導体、画面ディスプレー、この他の家電製品に及ぶ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。