韓国サムスン電子を標的、エリオット・マネジメントが事業再編迫る

  • エリオットの関連会社がサムスンに2社への分割を要請
  • サムスンは新型スマホのリコール問題に対応中

韓国のサムスン電子はアクティビスト(物言う株主)として知られるヘッジファンド運用会社エリオット・マネジメントから事業の再編を迫られている。同社の事業はスマートフォン「ギャラクシー」をはじめ、テレビや半導体、画面ディスプレー、この他の家電製品に及ぶ。

  エリオットの関連会社であるブレーク・キャピタルとポッター・キャピタルは5日、サムスンの取締役会に宛てた10ページの公開書簡で、合理化と2社への分割を要請するとともに、30兆ウォン(約2兆8000億円)の配当支払いやナスダック市場への事業会社の二重上場、取締役会に3人の外部メンバーを加えることも求めた。

最新スマホ「ギャラクシーノート7」

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  サムスンは長年にわたって会長を務めてきた李健煕氏が入院中で事業運営に関与していないほか、新型スマホ「ギャラクシーノート」がバッテリー不具合による発火問題でリコール(無料の回収・修理)を迫られ対応にあたっている。

  エリオットが経営権を握る両関連会社はサムスンの約0.62%を保有する。

原題:Samsung Targeted by Elliott Management to Restructure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE